ヴォーカルコース

誰にとっても歌は最も親しみやすい表現手段。若いうちからの専門教育が効果的です。
発声からハーモニーまでを学び、曲作りの基本を理解して、あなたが理想とする
ヴォーカリスト&シンガーソングライターのあり方を探してください。

# ソロヴォーカル専攻

ヴォーカルとして活躍したい人にオススメ!

# シンガーソングライター専攻

曲作りから取り組むシンガーソングライターへ!

# バンドヴォーカル専攻

バンドを組んで歌いたい人にオススメ!

# ヴォーカル海外留学専攻

海外で歌の技術を磨きたい人にオススメ!

OPENCAMPUSオープンキャンパス

5月31日(日)までの対面型オープンキャンパス中止について

緊急事態宣言の延長受け、5月31日(日)までの対面型オープンキャンパス(体験授業を含むもの)、学校説明会を中止とさせていただきます。期間中は、お電話、メール、LINEなんでも相談室、オンラインで個別相談会にてご相談ください。また、自宅でできる、インスタLIVE「オンラインレッスン」を実施しておりますのでご確認ください。
※日々状況が変わっております。随時HPやSNSでお知らせを更新しますので、ご確認ください。

福岡スクールオブミュージック高等専修学校では体験入学や学校見学会を開催しています。分野別の授業体験はもちろん、施設見学やカリキュラムなどの学校説明と入学相談会も実施しているので、保護者さまもぜひご一緒にご参加ください。

オンラインで個別相談会(随時開催)

5/20 5/21 5/22 5/23 5/24 5/25 5/26 5/27 5/28 5/29

LINEなんでも相談室(随時開催)

5/20 5/21 5/22 5/23 5/24 5/25 5/26 5/27 5/28 5/29

オンライン体験入学

5/17 5/23 5/31

COURSE TOPICSコーストピックス

パフォーマンスを通じ“伝える”技術を学ぶ

クワイヤー(合唱隊)で、仲間と一緒にパフォーマンスを通じて人に“伝える”ことの大切さを学ぶのがHigh Schoolクワイヤープロジェクト。学内での発表のほか、福祉施設や保育園など様々な場所でイベントを実施し、歌や音楽の素晴らしさを伝えています。

High School BAND でデビューへ!

High School BANDプロジェクトでは、結成したバンドでオリジナル曲の制作からレコーディングまでを行い、音楽事務所などへのプレゼンテーションができるようバックアップ。またライブ活動も展開しながら、バンドとしての実力を高めて行きます。

CARRICULUMカリキュラム
《高等課程必須カリキュラム》
  • 音楽
  • IT
  • 国語
  • 英語
  • 数学
  • 社会
  • プロジェクト

など

《選択カリキュラム》各コース専門科目+他コース選択科目
  • ヴォイストレーニング
  • ヴォーカルゼミ
  • ギターテクニック
  • キーボードテクニック
  • コンピューターミュージック
  • 作編曲法

など

TIMETABLE1週間のカリキュラム例
1時間目9:20~10:50 国語 コミュニケーション
技法
数学 HOME
ROOM
2時間目11:00~12:30 バンド
アンサンブル
ピアノ ヴォイス
トレーニング
ヴォーカル
PC
ヴォーカル
スタイル
3時間目13:20~14:50 ヴォイス
トレーニング
英語 ミュージカル
プロジェクト
美術 音楽理論
4時間目15:00~16:30 クワイヤー
プロジェクト
ミュージカル
プロジェクト
SO.ON
プロジェクト
5時間目16:40~18:10 ミュージカル
プロジェクト
SO.ON
プロジェクト
THE VOICE!センパイ達の声!
#01
シンガーソングライター専攻 山田さん

中学生までの環境と全く違った毎日。その環境が人と関わることが苦手だった私を変えてくれたと思います。

中学生までの環境と、全く違った毎日。その環境が、人と関わることが苦手だった私を変えてくれたと思います。この学校には音楽やダンスが好きな仲間ばかりで、洋楽やJ-POPの話などで盛り上がります。みんなそれぞれ個性が違うので、刺激もたくさん受けて、いつのまにか友達も増えていました。今の私が大好きな授業は”ヴォーカルゼミ”です。石黒先生のアドバイスのおかげで、誰かの前で歌ってみることにもチャレンジしています。将来は、私の歌で、大好きな家族やお世話になった中学校の先生に、恩返しをしたいと思っています。

#02
ソロヴォーカル専攻 大倉さん

授業はみんな真剣に受けています。頑張らないとすぐにおいていかれそうで私も精一杯頑張っています。

先輩からOSM高等専修学校のことを教えてもらい、「早いうちから歌をはじめたい」と思って入学を決意しました。女子高生らしいこともしたかったので、可愛い制服があったことも、私にとっては大きな理由でした。授業はみんな、真剣に受けています。そんな環境なので、頑張らないと、すぐにおいていかれそうで、私も精一杯頑張っています。歌の授業だけではなく、カッコいい歌詞も書きたいので、英語の授業も頑張っています。